ホルス メンズフォーマル講習第3回目

少しずつ暖かくなりつつありますね。時期に梅の季節です。

さて、先日のホルス講習会の様子です。
肩入れ、衿つけ、袖つけをご紹介しました。肩入れは後身頃の肩線をいせ込んで、前肩をつくります。アイロン操作が難しいところですが、着心地に影響するところですので、丁寧な作業が必要です。袖つけもいせを上手に分散しながらつけます。どの部分にどれだけいせを入れるか、全て意味がありますので、加減が重要です。
今回は併せて、ベスト、パンツのパターンのご案内を致しました。
さて、次回はいよいよ完成となります。一月後となりますがどうぞお楽しみに。

DSC_0024 DSC_0037 DSC_0044 DSC_0065 DSC_0088 DSC_0090
カテゴリー: 講習会 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です