裏地据え、袖のくせ取り

本当に真冬のような寒さになってきました。とはいえ、東京は明日からまた気温が上がるようですが。
さて、今日は裏地据えと袖のくせ取りです。
裏地はウエストを止めて上下のゆとりをとって据えていきます。縦方向にはゆとりが必要ですが、横方向には背中心以外にはゆとりは入れません。横方向は内回りになりますし、背周りの動きに対しても背中心で十分にゆとりをとっているためです。

次に袖づくりです。まずはくせ取りし、内袖側を縫い合わせて、さらにアイロンでなじませます。その状態で、裏地の裁断をします。すみません。裁断の写真は撮り忘れていました。また次回に機会があればご紹介します。
次は袖口の本開き始末の様子とAH周りの始末をご紹介する予定です。

パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です