袖つけ

いよいよ完成が見えてまいりました。袖つけをすると全体像が見えてきます。しかしこの工程、微妙な加減でよくもなれば、悪くもなってしまうので非常に難しいところです。袖付けは、ぐしを入れずにピンで加減を見てイセを配分し、しつけ糸で止めて、微調整していきます。
しつけ留めが終わったら、アイロンで丁寧にいせこんで、裄綿、割り布をつけてミシンで一周縫います。この時地縫いが浅くならないように気をつけます。地縫いが終わったら、肩パッドを留めます。この作業はとても重要な工程です。せっかく作り込んだ前肩の肩ぐせをつぶさないように、また身頃が抱き落ちしないように、芯と肩パッド、身頃を立体的に留めていきます。
うまくいくと達成感がありますね。
ここまでくればあとはまとめと仕上げになります。

パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です